本とチャンスの神様

05cc675f725bcf77dda27a5176f0fee8_s

読書は「趣味♡」。。と言ってしまいたいほど好きで
自分の成長のために必要だと思っているのですが
実際のところ
最近は、全っっっ然 読めていません。

昨年の年末
「お正月に、ゆっくり読もう♪」と楽しみに買っていた いくつかの本が
まだ読めていないという、びっくりな現実。

今のわたしは
今までの人生で、もしかしたら一番本を読むべき時なんじゃないかと感じているのに

今までの人生で、一番本を読む余裕がない。。。かも。

時間的にも、気持ち的にも。

でも。

いやもう、絶対に読むべきで必要な本を買ってあるのに
もう手元にあるのに
大切だってわかってるのに
読まないなんて、ダメじゃん、わたし。

と思いなおし
読み始めました、昨日から。

じゃぁ、ブログなんて書いてないで
一心に読みなよ。。ってハナシですが。

どうして、自分にとって本を読むことが必要なのか
この先
また、必要なのに読めない状況が来た時に
読み返して必要性を確認できるよう
書き留めておこうと思いました。

わたしの人生の師は
いつも、本でした。

もちろん、人から得ることも
たくさん たくさんあるけれど
わたしは
人によって変わることはあまりないけれど
本の影響で変わった部分はたくさんあります。

本を読むことの一番の魅力は
「独りで、自分の内面と向き合えること」

人と一緒にいると
相手が1人でも、50人でも
「自分」と「相手」がいるわけで
すべてのやり取りは、共有だと思っています。

でも、本を読むということは
著者と自分という関係は
著者から自分への一方通行。

共有ではないのです。

相手を気にすることなく
自分のペースで
学ぶ・学ばない、読む・読まないを選んでいい。

人が 1人分の人生でできることって、知れているけれど
1冊の本には
その著者が 生涯をかけて研究したこと、学んだこと、体験したこと
中には莫大なお金を掛けて研究開発されたこと
が惜しみなく書かれていて
それが数百円~数千円で手に入るなんて
いやもう「ありがとうございます!!!」としか言いようがないです(^^)

本は、間違いなく「チャンスの神様」だなぁと思います。

いつも、必要な本が、必要な時に近づいてきてくれる。

「1冊の本で、人生が変わった」って経験、何度もあります(^^)
そして、不思議なことに
「その時」に「その本」なんですよね。

まぁ、何でもそうですよね。本に限らず。

そんなワケで
来月から新しいスクールも始まるのに
この「チャンスの神様」である本たちを読まずに進むわけにはいかないので
また、読書に戻ります。

未来のわたしよ。

「チャンスの神様」の本が手元にあるなら
何をおいても、読みなさいよ!

※最近は自分の備忘録ばかりですみません。
 ただの備忘録ですので
 またコメント欄閉めます。。。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする