物も 家族。

先日、車の車検がありました。

購入してから10年を迎えたわが家の車は
エンジンとか、マフラーとか
お金がかかりそうなところに いろいろ不具合があり
車検代の見積もりが
過去最高の40万円越えとのこと。

見積金額を聞いたとき
さすがに、わが家もどうしようかな。。と思いましたが

ディーラーの担当さんも
すかさず
「こんなにお金を掛けるなら、新車にした方がいいですよ!」
と猛プッシュ。

そこで

夫と
「わが家と車」の今後について
じっくり考えました。

買い替える、レンタルにする、車検を通す。。。
いろいろ考えて、調べて
わかったことは
今、まっっったく車に興味がなく
欲しい車がないということでした。

結果
今の車の車検を通すことにしました。

車検の期日ギリギリにお願いしたので代車もなく
1週間後
車は戻ってきました。

戻ってきた車は
びっくりするほど調子がよく
今まで気づかずに、調子が悪い車に無理させてたんだな。。。
と知りました。

そして、思いました。

やっぱり
戻って来てくれて、よかったな。。と。

ウチには今はペットはいませんが
ペットは家族 。。と同じように

わが家にとっては
この車は、大事な大事な家族だな 。。と。

生き物ではないけれど
形あるものは、いずれ土に還るのは同じだし
会うことも少ない生きた家族親戚よりも
よほど、わたしたちを助けてくれた存在です。

わが家の車は
年に数回もない
親戚縁者家族とのお出かけのために
8人乗りのアルファードにしたのですが

この10年間で90%以上は
わたしと夫しか乗ってないので
利用されない空間が
めちゃめちゃもったいないと思っていました。

ところが
ここ数年の大断捨離 & リフォームで
この、無駄だった空間がフル活用されることになり
膨大な量の荷物が積めることに
心から感謝することになりました。

たとえば。。

DSC_0051 (2)-6

これは、大断捨離中、行政の施設に
再利用分の紙と布の資源ゴミを出しに行くところなんですが
2列目も、3列目も、トランクスペースにも
ものすごい量の荷物を詰め込めるんです。

ゴミを降ろしてくれた行政の方も
「よくこんなに積めましたね。。。」と
驚いてらっしゃいました ^^;

こんな感じで
物を買うときも、捨てるときも
本当に 本当に この空間があってよかったと
ずっと感謝の日々でした。

何を積んでも
どこへでも
いつも 一緒に来てくれる。

この 大断捨離とリフォームの怒涛の日々で
わたしたちと 車は
すっかりチームとして仲良くなりました ^^

なので。

家族が具合が悪くなったら
お金がかかっても治してあげたいと思うのと
同じ気持ちです。

1週間ぶりに返ってきてくれた車に乗って
思いました。

生きてないけど
物だけど
家族と変わらない 大切な存在だと☆

いつも いつも、本当にありがとう。

あともうしばらく、仲良くいこう ^^♡

DSC08964-2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする