夫 と 母

諸事情あって
3年半前から わたしの母が一緒に住んでいるのですが
もともと この家は 玄関が一緒以外は
お風呂やトイレ、キッチンは別々の2世帯住宅なので

母は 1階の住民
わたしたちは 2階の住民

という感じで、別々に生活をしています。

距離の近い『お隣さん』みたいな感じです ^^

そして、あらためて
人の「縁」って、面白いなと思うのです。

夫 → 両親の愛情をあまり感じられずに育つ。
   (夫のお母さんは、食事も家事も
    ちゃんとしてらっしゃったんですけどね。
    気持ちの上で。。みたいな感じらしいです)

母 → 亭主関白で、仕事や自分の趣味で不在がちで
    母にとても厳しい夫(私の父)なので
    愛情はすべて、娘たちへ。超過保護。

この2人が
なんか、ピタリと合うんですよ ^^

人に何かしてあげたい気持ちの強い母は
週に何回か 料理を作っては、差し入れしてくれます。

夫は、いつも嬉しそうに それを受け取って、味見をしては
「美味しいですー♪」「野菜たっぷりで嬉しいですー♪」
など、いつも母に感想を言ってくれます。

実家にいた頃は
箸さえも自分で出さないわたしの父は
料理の感想など言ったこともなく
それどころか
朝食すら、曜日によって麺の日だの、ごはんの日だのの指定もしていました。
なので
今、夫が 何を作ってもいちいち喜んで 褒めてくれるのが
とても嬉しそうです ^^

夫の方も
親が、義務ではなく、愛情を込めて料理を作ってくれることが
とても嬉しく心地よいようで。

夫も母も
長い間ずっと欲しかったもの、求めていたものを
やっと手に入れたんだな~。。と感じます。

そして、夫も 自分のできる事を。
母が苦手な ごみの分別や回収をしたり
母の苦手な 掃除をしたり
雨の日や、暗くなった時に駅まで車でお迎えに行ったり。

わたしの父に、そういうことを全くしてもらったことのない母は
とても嬉しそう ^^

母が 元気で生きているうちに
夫と母に
こんな状況が訪れたことに感謝します :*:・゚☆

SONY DSC

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする